2013年6月10日月曜日

近畿でも頻発し始めた地震・・・神戸と新潟の意外な関係

ここ最近、静かだった近畿地方でも地震が相次ぐようになってきている。

和歌山では7回も起こった。

大地震の足音が近づくなか、これらの地震をどう考えればよいか・・・少しお付き合い願いたい。



<地震予測検証 / 防災情報 Hazard Lab【ハザードラボ】>

和歌山県北部で地震7回続く M4.0 和歌山市で震度4



気象庁によると8日午後8時39分ごろ、和歌山県北部でM4.0の地震が発生し、和歌山県和歌山市で震度4の揺れを観測した。

この地震の震源地は和歌山県北部で、震源の深さはごく浅い。なおこの地震による津波の心配はない。

同地域は8日夕刻から同一震源地での地震が7回続いている。

各地の主な震度は以下のとおり。


【震度4】

和歌山県

和歌山市

【震度3】

和歌山県

海南市、有田市、紀ノ川市


また、8日夕刻からの同地域の有感地震は以下のとおり。


午後4時10分ごろ発生 M3.3

震源の深さ ごく浅い

和歌山県和歌山市で震度3

午後4時17分ごろ発生 M3.9

震源の深さ ごく浅い

和歌山県和歌山市で震度4

午後4時47分ごろ発生 M3.7

震源の深さ ごく浅い

和歌山県和歌山市で震度3
午後4時58分ごろ発生 M2.3

震源の深さ ごく浅い

和歌山県和歌山市で震度2
午後6時38分ごろ発生 M2.0

震源の深さ ごく浅い

和歌山県和歌山市で震度1
午後8時39分ごろ発生 M4.0

震源の深さ ごく浅い

和歌山県和歌山市で震度4
午後8時47分ごろ発生 M2.4

震源の深さ ごく浅い

和歌山県和歌山市で震度2



また、滋賀県でも・・・



滋賀県南部でM3.4の地震 大津市などで震度2

気象庁によると8日午後3時18分ごろ、滋賀県南部でM3.4の地震が発生し、滋賀県大津市などで震度2の揺れを観測した。
この地震の震源地は滋賀県南部で、震源の深さは約10キロ。なおこの地震による津波の心配はない。

 各地の主な震度は以下のとおり。

【震度2】

滋賀県

大津市、甲賀市

京都府

宇治田原町


以上のように、近畿で地震が相次いでいるが、これをもって、「もうすぐ、近畿地方に大地震が来る」などという短絡的な結論をだそうというのではない。


ここで、もうひとつ注目してほしい地震がある。

<NHK>
ニュース詳細

新潟県で震度4の地震

6月7日 22時53分
新潟県で震度4の地震
7日午後10時29分ごろ、新潟県で震度4の揺れを観測する地震がありました。
この地震による津波の心配はありません。
震度4の揺れを観測したのは新潟県上越市で、このほか、新潟市西蒲区や新潟県長岡市、糸魚川市、それに石川県珠洲市などで震度1の揺れを観測しました。
気象庁の観測によりますと、震源地は新潟県上越地方で、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.0と推定されています。

柏崎刈羽原発・高速道に影響なし

原子力規制庁によりますと、この地震で、新潟県の柏崎刈羽発電所では、今のところ、異常が起きたという情報は入っていないということです。
また、日本道路交通情報センターによりますと、新潟県内の高速道路で地震の影響は出ていないということです。


新潟でも、実は地震が続いている。



①6月07日 22時29分 新潟県上越地方 深さ10㎞ M4.0 震度4
②6月07日 22時31分 新潟県上中越沖 深さ10㎞ M2.8 震度2
③6月07日 22時38分 新潟県上中越沖 深さ10㎞ M2.1 震度1



これは何を意味するのか?


みなさんは新潟ー神戸歪集中帯という言葉をお知りだろうか?








(ウィキペディア)



新潟ー神戸歪集中帯(にいがたこうべひずみしゅうちゅうたい、Niigata-Kobe Tectonic Zone, NKTZ)は、新潟神戸構造帯とも呼ばれ、新潟県から、長野県北部、岐阜県、名古屋、滋賀県、名張付近を経て神戸に延びる幅約200Kmの地質学的な歪みの集中帯で、領域の境界線は明瞭に定義されていない。




この新潟ー神戸歪集中帯は、周辺部の数倍~10倍程度のひずみが集中しているということだ。そもそも、太平洋プレートが大陸プレートに沈み込み、1年間に約2センチ押し合うことで、日本列島は東西に押されて縮んでいる。ひずみ集中帯の縮み方は、周囲に比べて数倍速いということだ。
阪神淡路大震災、新潟県中越地震も、この歪集中帯で起きた内陸部の大地震だった。


いま、この歪集中帯が揺れ始めていることを強調しておきたい。





阪神淡路大震災あたりから、内陸地震が活発になる時期に入ったとの見方がある。歴史的に、東南海地震・南海地震などの巨大地震の前後の数十年間には、その周辺で内陸の大地震が増えることが知られているためだ。


そして、その時期がまさに“今”なのだ。



さらに警戒すべき地域は、近畿だけではなく、全国に及んでいることも付け加えておく。


1 件のコメント:

  1. 来年秋でしょうか・来ます 巨大地震 4連動と首都圏千葉茨城 m9超えるかもしれません。今のうちに海 外へ移住か留学 子供を守れるか。伊豆近辺鳥島でもでかいのありましたよ。東京も震度2くらいだった。多摩地方のGPSでは隆起してるらしい。立川断層帯のことですが。明日は我が身 毎日充実楽しく行きましょう。天災は突然来ます。にげられません

    返信削除