2014年2月19日水曜日

脱原発候補の東京都知事選での敗退で、元気のない人たちへ


脱原発候補の都知事選での敗退後、今後、どう考えるべきか、あれこれ本をむさぼり読んでいた。いろいろな本に教えられることが多かったが、いまの気持ちをうまく、励ましてくれる本に出会ったので、紹介したいと思う。


本自体は、そうした人を対象に書かれたものでは、どちらかというと宗教本の類だ。


誤解しないでほしい。私は特段、宗教心の篤い人でもなく、また、特定の宗教を信仰するものではない。


能書きが多くなった。その本は、日本テーラワーダ仏教協会で上座仏教の普及に尽力されているアルボムッレ・スマナサーラ氏の「人生を変える練習。」だ。






もちろん、この本の内容すべてに共鳴しているわけではなく、その第5章「人生が変わる意志の磨き方」の一説。<世の中の速度と合わせない>(P218)と題された一文に惹きつけられた。


まずはご一読を!

**************************

 実現が難しい高い目的であればあるほど、一歩、一歩進んでいるということをわすれずに、あきらめないでいてほしいと思います。

 今のこの世の中を変えたいというのは、非常に実現が難しく、、しかし、必ず成し遂げなければならないことです。そして、世の中というのは非常にゆっくりしか変化をしていかないものです。

 たとえば、反対運動のデモに参加したり、選挙運動を手伝ったりし、「世の中を変えよう」という善の目的のために行動を起こしている人がいます。しかし、デモを行ったからといって、政府の動きが変わるとは限りません。

 そのときに、「やっぱり世の中なんて変わらない」「こんなことを一生懸命やっている自分がバカを見るんじゃないか」「政治になんて関心ない人の方が、毎日楽しくやってるんじゃないか」といった、あきらめの気持ちをもたさないでください。

 世の中の変化というのは、ものすごく大きなスケールで見たほうがいいのです。一日にして地球をひっくり返すことなんてできません。歴史を振り返ってみても、一瞬にして世の中が変わったように見えることがあるかもしれませんが、(実際に、悪い方への変化は一瞬にして起こることもありますが)、よい方向への変化には長い年数がかかっているものです。

 しかし、人間一人ひとりが、この世の中をよくしようという気持ちをずっともち続けていないと、心の中でよくしようという火を燃やし続けていないと、その火は消えてしまいます。大胆な結果を期待すると、あきらめの気持ちが出てきてしまうことがありますが、皆が声をあげ続けることが大事なのです。

 デモをする、反対運動をするということを続けていても、結局、そのデモや運動は実らなかったかもしれません。しかし、政治家は、声をあげ続けているという事実を無視することはできないのです。ですから、政治家が権力を行使することになったら、反対する人たちが訴えている安全や地球の未来といったことを考えに入れなければならなくなるのです。

 だから、目に見えた結果が出なくても、ちゃんとそれなりの結果は出ているのです。世の中の変化というものはものすごくゆっくりで、スピードを速めることはできません。反対に、ものすごく速く変化したことは、また一瞬にして元に戻ってしまうこともあります。

 実現が難しい目的であればこそ、「一歩一歩進める」ということをやってみてください。世の中を変えたいということであれば、一人ひとりが自分にできることは何だろうと考え、まず実行してみることです。

**************************
この文章は、どうやって善行に結びつく人の意志を強くすることができるのかについて、そのヒントを書いた箇所だが、


まるで、都知事選での、脱原発派候補の敗退を受けての文章のように思えないか?


しかし、この本は去年11月に発行されたもので、舛添氏の当選や、ましては都知事選自体もけして想定されていなかったころに書かれた。


スマナサーラ氏は、釈迦の教えを忠実に保存し伝えてきたとされる上座仏教派に属する僧で、インド、中国とわたってきた日本の仏教とはいささか赴きのことなる教えを説く。流れはいわば、手垢のついていない仏陀本来の考えに近いとされる。


ま、宗教論はおいておいて、上の文章はまさに、いまの私たちに必要なものではないだろうか?


世の中はすぐには、大きくは変わらない。


少しづつ、少しづつ、海水が海岸の岩場を浸食するように・・・皆の小さな、小さな意識がゆっくりと集まり、やがて大きな流れとなる。


さあ、希望を持ってもう一度、立ち上がろう!

2014年2月7日金曜日

脱原発派、統一候補樹立できず、敗北か!~東京都知事選

いよいよ、あさって9日に投開票を迎える東京都知事選。脱原発派の想いもむなしく、統一候補を立てることはできないまま、最終コーナーを回った。


もう、この期に及んで、だれが悪い、主張がどうだなどと、御託を並べるつもりはない。マスコミの事前調査から判断すれば、おそらく、脱原発派の両巨頭はやぶれ、自民党の推す某氏が当選することになるだろう。


今日は都知事選の話をするために、筆をとったわけではない。


いま、福島第1原発の現状を話したい。現場は日本人の多くが考えているよりも、本当にひどい状況が続いている。ただ、マスコミがあえて取り上げようとしていないだけ。


FUKU1の問題は、ほかの事案と異なること(経済や政治など一緒に考えてはいけない)を日本人は理解していない。



肝心なことは、まだ事故はまったく収束の方向にすら向いていないということだ。事故は悪化しながら続いているのだ。


つまり、放射性物質はいまだに、外気へ出続けているのだ。まったく、勢いが衰えることもないままだ(チェルノブイリは一旦は石棺されストップしたが・・・)。





それはなにを意味するのか?


福島の地は、日本列島でいえば、人間でいう大事な「みぞおち」部分にあたる。


そこに得たいの知れない病巣が住みついているようなものだ。


それも、治る見込みはまったくなく、その毒はいずれ、全身に広がる。


しかも、FUKU1の現場では、汚染水から、放射性物質を取り除くことが期待されていた浄化装置「ALPS」が相変わらず使用できないまま、東京電力はいまだに、ウソの発表を続けている。

~東京電力は、福島第一原発の護岸にある観測用の井戸の一つで、昨年7月5日に採取した地下水から、放射性ストロンチウムが1リットル当たり500万ベクレル検出されたと発表した(読売新聞2月6日)~


つまり、治療にあたる医者までが、頼りにならない状態なのだ。


東京都知事選は、そんな末期の患者に、奇跡的な回復をもたらすかもしれないカンフル剤だったが、このままでは、あえなく、無駄に終わるかもしれない。


ひとつ知っておいてもらいたいことがある。


マスコミは報道しないが、あきらかに、地元福島では、若者や子どもを中心に、白血病や甲状腺ガンを患う人の数が増えている。


また、働き盛りの壮年者の中でも、心臓や血管に起因する病気で亡くなられる方が急増している。


そして、その流れは、事故後、放射性物質が多く、降り注いだ関東地方の地域でも、顕著に傾向が出始めているのだ。


オリンピックだの、アベノミクスだのと狂乱のさ中にあるまさに、東京都もそのひとつなのだが・・・。


チェルノブイリは事故後、5年後から、こうした疾患が多く見られたということだが、FUKU1の事故を起こしたこの日本では、3年後、つまりこの3月以降にも、多くの日本人がそれらの症状に苦しむのはないかと、心配されている。


それは、いちに、事故直後、政府が適切な情報を国民にださず、避難をさせなかったこと、ふたつには、いまだに正しい検証もせずに、低線量被曝の危険性を軽視し、国民に被曝を許しているからだ。


選挙結果がどんなものになろうと、こうした現実は確実に日本人の前に現れることになる。さて、当選者は、そのとき、何を思うか・・・。

2014年1月24日金曜日

東京都知事選の争点は「原発」。これは歴史的必然!

いよいよ、告示日を迎え、選挙戦の火蓋(ひぶた)が切られた東京都知事選。細川元首相の立候補に全国から注目ががぜん集まる中、マスコミの最近の論評には相変わらず、さえないものが多い。

その中心が「知事選の争点に原発はならない」というものだ。


原発の存続を考えるのは、国政レベルの話であって、メインに取り上げるのはおかしい、というもの。


また、「原発ゼロ」をワンイッシュー的にとらえての、選挙は福祉や、教育など直接、都民の生活と関係深い、都政では、ありえない、とする論評も多い。


しかし!だ。


今回の都知事選は、日本の戦後史の中で、まさにエポックメーキング的にものとすでになっている。


住民の生活に、次の知事の方針が大きく影響することは理解できる。


が、今回の都知事選で「原発」がテーマになることは、歴史的必然なのだ。


前回の総選挙などでは、民主党のあまりの醜態化に嫌気をさした国民が、選挙の選択枠をなくしたが故の自民党の圧勝となった。


それが証拠に自民党の比例区の前回(2012年)の得票率は
27.6%と2009年に、民主党に大敗した際の
得票率26.7%ほぼ変わらなかった


ちなみに前回の参院選でも自民党の得票率は35%。もとは42%もあったが、参院でも確実に支持を落としている。


けして、国民全体が自民党を強く支持しているわけではないのだ。



それがゆえに、今回の都知事選は次の総選挙まで待つことが許せない国民がおのずと注目する結果となった。


いわば、歴史的大きな流れに都知事選が飲み込まれた形だ。


すべては「原発」から始まる。


何度も3・11以降、私たちは訴えてきた。

「原発をとめなければ、日本は変わらない」


「原発」はたんに電気をつくるだけのプラントではない。


日本の戦後体制を築いてきた、大きな礎(いしずえ)だった。


現在の政官財に、人、物、そして金を供給してきた、まさにエネルギーの源だった。


それを壊すことが、くしくも安倍首相のいう、「戦後レジームからの脱却」と、本来ならばいえるはずなのだが・・・。


”歴史の神様”は、この流れから、私たち日本人が目を離すことを許さなかった。


いま一度、東京都知事選での「選択」を私たちに投げかけてきた。


ここを越えなければ、日本人は次のステップに踏み出すことができない。


個人的には強く支持するが、「原発ゼロ」が決まったわけではない。


もちろん、「原発再稼動」の選択もある。しかし、そこには、こうした背景を知っての結果であり、私たち日本人が選択したという事実が残る。


つまり、よい悪いは別に、意志表示したことが、歴史に刻まれ、歴史の裁定がしっかり下される


余談になるが、今回の細川元首相の立候補は、民主党ではない、新たな「野党」誕生につながるかもしれない(期待!)。


こうしたことを考えると、日本人の「年寄り」もまだまだ、捨てたものではない(失礼!)。



2014年1月15日水曜日

細川元首相立候補、東京都知事選に願うこと。



細川護熙元首相が正式に、東京都知事選に立候補した。反原発、脱原発を求める人たちにとっては吉報となり、盛り上がりを見せ始めている。


私は大阪に住んでいるので、もちろん、都知事選の投票権はないが、今回の選挙は、たんに東京都民だけの問題ではないと考えている。


全国の脱原発派からも熱い視線を集めている。


次の総選挙まで、3年も選挙がないとすれば、国民の意志表明を示すのにうってつけの場となっているからだ。選挙の結果が、ある意味、今後の原発の方向性を決めるものだといってもよい。


前回の総選挙では安倍首相率いる自民党が圧勝した。そこでは原発については、おもだった争点とはならず、民主党政権への批判と、経済立て直しがキーとなった。


国論を二分している原発については、いまも選挙では争われていない。


東京都民からすると、「原発のない東京で、なんでこの問題を選挙のテーマするの?」とする声もあるが、はたしてそうだろうか?


事故を起こした福島原発は、首都圏へ電力を供給していたことを忘れていけない。つまり、東京都民のために電気をつくっていたのだ。


放射能被害の危険性だけを、福島の人たちに押し付けていたプラントだった。


もし、東京都民には原発は関係ないとする都民がいるならば、都内に原発をつくればいい。


新潟の柏崎刈羽原発だって東京のためにあるのだ。


そして、全国民の10分1を擁する東京が、「原発NO!」を選択すれば、政権に対して、国政選挙なみの“パンチ”を十分に与えることになる。


策定が遅れている「エネルギー基本法」だって、官僚たちも結局は東京都知事選の結果を様子みている。つまり、脱原発派の声が怖いのだ。


細川氏の立候補が注目を集めていることに、安倍首相をはじめ、政権幹部たちは苛立ちを隠せないでいる。連日、会見を開き、なにかとケチをつけている。さらに、御用学者やメディアも、同じく,批判の声を大きくしている。


裏返せば、この選挙が原発問題にとっての「関が原」であるこを十分に理解していることを示す。


もし、推進派の候補が当選することになれば、なし崩し的に、再稼動が始まり、国外輸出も敢行され、「原発ムラ」は3・11前の勢力を盛り返すことになる。


日本人は何も学ばないことになる。


それだけに、大事な大事な選挙なのだが、脱原発派にとっては、困った状況にもなっている。


「ストップ原発」の旗頭を立てているのは、細川氏だけではないのだ。


同じく「脱原発」の旗を掲げる前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏もすで、出馬を表明している。


つまり、脱原発派の票が割れる可能性がある。


残念ながら、この2候補とも、出馬の旗を降ろす様子は現在のところ、見せてはいないが、投票までの残された時間で、なんとか一本化を図ってもらいたい。


「いろんな人がいろんな意見をいって、選挙を戦えばよい」という声もあるようだが、今はそんなのん気なことをいってられない。


とにもかくにも、日本が脱原発へ舵を切ることが大事なのだ。


一本化への方策はいくらでもあるはずだ。一人があきらめるという方法もあれば、どちらかが知事で副知事というやり方もあるだろう。


ぜひなんとか、知恵をしぼって、お二人ともこの選挙に臨んでもらいたい。


もう日本は断崖絶壁のぎりぎりの状態にあるのだから。

2014年1月7日火曜日

新年早々、嫌なニュースが・・・やはりFUKU1で何かが起こっている!

新年早々、嫌なニュースが入ってきた。今年こそは、少しはいいニュースから書き始めたいと思っていたが、やはり、3・11以降は無理な望みだった。


嫌なニュースというのは、他でもない福島原発の話だ。


日本のマスコミでは、まったく取り上げられていないが、昨年12月後半に、福島原発周辺で、異常が起こった。


監視カメラが立ち込める水蒸気をとらえた。水蒸気は、原発周辺で、昨年12月の19、24,25,27日の4日間にわたり、観測された。


水蒸気は、原子炉施設内が高温となることを示すもので、これまでに何度か目撃されている。原因としては、水で冷却されている、原子炉内にあるとされる燃料棒がなんらかの理由で、冷やすことができなくなり、温度が上昇してしまうようなことが、推測されるが、詳細はわからずじまいだ。


それというのも、これらの原発施設周辺はあまりに、放射線量が高く、人が近づくことができないからだ。


話は少し、それたが、今回のニュースが嫌な理由は水蒸気だけの話では終わらないことだ。


実は、こうした現象を受けて、あろうことか、ロシア政府が、大統領令を政府の関係機関に発令したというのだ。







それはなんと
「福島原発の地下で核爆発が起きている」という。そして、「福島原発事故に関するすべての情報を集めろ」と指令をだしたとされる。


しかも、この大統領令は通常のものよりも、緊急性を要する、高いレベルに属するものだという。


残念ながらこれらの情報は一部海外メディアが報じただけで、現在のところ、ロシア政府の情報源の正確な確認はできていない。


しかし、もしこの情報が正しいとすれば、福島原発の地下で核爆発はいったい、どういうことか?


これは従来から、十分に予想されていたことだが、ルダウン、いやメルトスルーしたとされる燃料棒が、地下で再び、核反応を起こし、爆発したと推測される(再臨界し、地下水と反応、爆発)。





何よりも、恐れていたことだ。これに呼応するかのごとく、周辺では、放射線レベルが年末年末、急激に上昇している。


現地での調査できないだけに、すべて、予測だけの話だが、日本のマスコミはまったく、これらについて報道していない。


東電は水蒸気の発生についてだけは、認めている。


去年後半は、4号機の使用済み燃料棒の移送に、マスコミは集中したが、実は、あれは数ある危機の中でのONE OF THEMで、このメルトスルーした燃料が本当にやばい問題なのだ。


なにしろ、燃料がメルトダウンしているのか、メルトスルーしてるのか、いまどんな形をしているのか、そもそもどこにあるのか、まったくわかってはいない。


昔、映画にあったまさに「チャイナ・シンドローム」を地でいっている。


能天気な日本人は、もう、福島原発は収束して、アベノミクスで「我が世の春」を謳歌しているように思っているかもしれないが、危機はまったく去っていない。


ロシア政府が大統領令を発令したとすれば、かなしいかな、福島の事故はすでに、日本だけの問題では収まることができない証左で、すでに事態は地球規模的、危機に直面していることを示すものとなる。


今年は、笑い事ではすまされない、きびしい現実が次々とさらに迫ってくる年となりそうなだ。